梨の果樹園農家による梨の育て方や病害虫に関する防除。使用する農業機械のメンテナンス。ナスやきゅうり等の家庭菜園の園芸方法など、農業に関する作業方法や管理方法、また果樹園を管理するための防風林等の農業設備等を日々の作業に合わせて詳しく紹介しています。

殺虫剤や殺菌剤等の農薬を使用し難い収穫時期(前日)に使用できる薬剤の一覧を纏めました。

 収穫時期の病害虫の発生では、使用時期の問題から使用できる農薬は限られます。

 収穫時期、多少の病害虫であれば収穫を終えるまで放置することも可能です。

 しかし、深刻な病害虫では収穫を終えるまで放置するというわけにはいけません。

 そんなときに収穫時期でも使用できる主な薬剤を紹介しました。


花芽が膨らみ冬の間花芽を覆っていたりんぽうが脱落の頃。本年の防除作業を開始しました。


暖かい日が続き、

梨の花芽が順調に膨らんだことから冬の間花芽の覆っていたりんぽうが脱落する頃となりました。

りんぽうが外れたことにより、花芽の感受性が大きい重要な時期。

早速本年のスピードスプレーを使用した防除作業を開始しました。


梨の主要品種の糖度一覧や果実特徴を纏めました。

 梨の栽培品種では、毎年新品種の次々と登録される一方で現行の品種が淘汰され常に移り変わっています。

 一般的に広く知られる主要な品種以外に美味しく品種は多くあるものの、栽培方法が難しい。流通性が悪い(保存が効かない)など、様々な理由で移り変わっています。