梨の果樹園農家による梨の育て方や病害虫に関する防除。使用する農業機械のメンテナンス。ナスやきゅうり等の家庭菜園の園芸方法など、農業に関する作業方法や管理方法、また果樹園を管理するための防風林等の農業設備等を日々の作業に合わせて詳しく紹介しています。

あきづき梨の収穫適期は、全体に黄褐色でお尻の部分に緑色のリングが残っている状態です。

 当果樹園でもあきづき梨の収穫をようやく開始しました。

 世間では1週間程前から市販されていますが、自分の目から見ると果実の成熟が不十分に見えます。

 あきづき梨は、果実が緑から黄色に変わった状態では収穫にはまだ早く、

 黄褐色でお尻(ていあ部)に緑色のリングが残っている状態が最適です。


あきづき梨のサンプル収穫を実施。市場に出ていますがまだ早い印象を受けます。

 管理人の地域におけるあきづき梨の収穫時期は9月下旬。

 市場にはすでに地物のあきづき梨が出回り、店頭でも販売されています。

 しかし、本年の梨の成熟状況は決して例年に比べて早い訳ではないため、サンプル収穫をした結果はまだ未熟さを感じせられます。


梨の尻から茶色の水が出た物は、内部から腐敗する病気です。鮮度に関係なく腐敗し、収穫時に判断することができない欠陥です。


 梨の幸水の収穫が最盛期です。

 この時期、販売店や贈答等の箱を開封したとき、稀に梨の尻に茶色の水が溜まった製品が混じることがあります。

 この症状は、梨の花や幼果の時に感染し、果実が熟して収穫後の1~2日後に症状が現れる、芯腐れ症と呼ばれる内部から腐敗する病気によるものです。


梨の主要品種の糖度一覧や果実特徴を纏めました。

 梨の栽培品種では、毎年新品種の次々と登録される一方で現行の品種が淘汰され常に移り変わっています。

 一般的に広く知られる主要な品種以外に美味しく品種は多くあるものの、栽培方法が難しい。流通性が悪い(保存が効かない)など、様々な理由で移り変わっています。