梨の果樹園農家による梨の育て方や病害虫に関する防除。使用する農業機械のメンテナンス。ナスやきゅうり等の家庭菜園の園芸方法など、農業に関する作業方法や管理方法、また果樹園を管理するための防風林等の農業設備等を日々の作業に合わせて詳しく紹介しています。

今年は異常気象により雪が少なく、果樹園作業がすすみますが、越冬する害虫や病気の影響が心配されます。

 2月となり例年は雪に覆われる果樹園。降雪量が多い時には、果樹棚に積もった雪下ろし作業。剪定をするために足元の除雪など、冬の作業は大変です。
 しかし、今年は積雪どころが降雪自体がない異常気象です。降雪がないことで果樹園の地面には雑草が茂ったままとなり、果樹園の1年のサイクルが大きく狂っています。

トラクターの尾輪をヤンマーからイセキへと移植。軸径が合わない点はゴムマットを挟みました。


 先日から水田使用のイセキトラクターを畑使用に変更のため、ヤンマートラクターの尾輪をイセキトラクターに移植しました。しかし、取付けるイセキトラクターの尾輪取付軸の内径は大よそ41㎜対して、外した尾輪の軸は大よそ38㎜。約3mmと大きなガタツキがあったため、暑さ1㎜のゴムマットを巻いて取付を行いました。

ヤンマートラクターが故障により引退。水田使用のイセキトラクターを畑使用へと変更しました。

 中古にて購入したヤンマートラクター。中古入手より約15年にて深刻な故障により引退となりました。
 型式からみて製造から26年以上。これまで多少なり故障があったものの、我が家で活躍してくれて愛着があった一台ですが故障個所の部品供給がなく、残念ながら修理不能による引退となりました。
 同じく中古にて入手したイセキトラクターTM15を水田使用から畑使用にむけての調整を始めました。


キウイフルーツは霜(凍結)が降りる前に収穫し追熟することで美味しく食べられます。


 寒くなり霜が降りるまでもう間もなく。我が家の晩生品種である黄色の果肉のゴールドキウイの収穫を行い、追熟を開始しました。
 収穫時期が晩生品種の場合、収穫時期になるまでなるべく長く木に実らせておくことで美味しくなります。しかし、如何に晩生品種と言えど、霜が降りて一度凍結すると果実が腐り台無しとなっていまいます。
 天候(最低気温)を確認し、凍結する前に収穫を終えることが重要です。