梨の果樹園農家による梨の育て方や病害虫に関する防除。使用する農業機械のメンテナンス。ナスやきゅうり等の家庭菜園の園芸方法など、農業に関する作業方法や管理方法、また果樹園を管理するための防風林等の農業設備等を日々の作業に合わせて詳しく紹介しています。

スクレアフロアブルを初使用。フロアブル剤ですが溶け残りに注意が必要です。


 新規農薬であるスクレアフロアブルを初使用しました。

 薬液が白色でありながら容器も白色のため、目盛りによる使用量が判断できなかったため、農薬の計量に初めて計量カップを使用。

 開封前にかなり容器を振っても固形物が残り、スピードスプレーヤーの撹拌性能では溶け残りが発生しました。


梨の黒星病にスクレアフロアブルがDMI剤のスコア顆粒水和剤に引けをとらない強力な防除価

 梨の黒星病に対する防除の難しさが年々増し、本年2017年は管理人の地域でかなりの被害を出し、本業の梨農家にとって頭の痛い問題です。

 さて、2015年の10月に住友化学が新規農薬登録を取得したスクレアフロアブルが開花期に使用できる上、条件によってスコア顆粒水和剤と同等の高い防除価を示すデータがあり今後の黒星病防除への活用が期待されます。


黒星病の治療薬となる薬剤を纏めました。梨の薬剤紹介ですが他の植物でも参考になるはずです。

 黒星病の防除における薬剤には予防剤と治療剤があり、治療剤には黒星病の胞子が発芽した後でも殺菌する効果があります。

 しかし、薬剤名称のみでは予防剤と治療剤の判断は難しく、治療効果における防除価(効果の強さ)も異なることから本職でもわかりにくいため纏めてみました。


枯れた杉の木の伐採により防風林の入れ替えを行いました。


 果樹園を長らく守っていた防風林の杉の木。

 後継となるサンゴ樹が成長したことから、巻き枯らしにより枯らせた杉の木を伐採し、本格的な入替作業を行いました。

 枯れた杉の木は水分を失い軽いため処分が楽となる反面、伐採により倒木させることが難しくなるため、慎重な作業が必要です。


スコア顆粒水和剤とチオノックフロアブル混用による黒星病防除の耐性菌対策と芯腐れ症対策を試しました。


 梨の満開が過ぎ、黒星病防除の効果向上と耐性菌リスク対策。

 また、芯腐れ症対策を兼ねてスコア顆粒水和剤とチオノックフロアブルの混用による防除を始めて実施しました。

 スコア顆粒水和剤はミツバチに影響がなく、黒星病に非常に効果が高いDMI剤。

 チオノックフロアブルは黒星病・芯腐れ症に効果がある有機硫黄系剤。耐性菌リスクが小さい一方、散布当日は受粉等による結実しなくなる薬剤です。