梨の果樹園農家による梨の育て方や病害虫に関する防除。使用する農業機械のメンテナンス。ナスやきゅうり等の家庭菜園の園芸方法など、農業に関する作業方法や管理方法、また果樹園を管理するための防風林等の農業設備等を日々の作業に合わせて詳しく紹介しています。

スコア顆粒水和剤とチオノックフロアブル混用による黒星病防除の耐性菌対策と芯腐れ症対策を試しました。


 梨の満開が過ぎ、黒星病防除の効果向上と耐性菌リスク対策。

 また、芯腐れ症対策を兼ねてスコア顆粒水和剤とチオノックフロアブルの混用による防除を始めて実施しました。

 スコア顆粒水和剤はミツバチに影響がなく、黒星病に非常に効果が高いDMI剤。

 チオノックフロアブルは黒星病・芯腐れ症に効果がある有機硫黄系剤。耐性菌リスクが小さい一方、散布当日は受粉等による結実しなくなる薬剤です。


牛ふん堆肥を使用した土作りを開始。土壌改良に植物繊維を多く含む牛ふん堆肥は最適です。


 なす・きゅうりの園芸用に、春の土作りを牛ふん堆肥を使用して行いました。

 養分が多い肥沃な果樹園内の一部を園芸用地に転用のため、

 土作りは牛ふん堆肥を土壌の硬さを改善する土壌改良剤として活躍します。


スピードスプレーヤーによる防除での薬剤散布ムラを防止するためのチェックリストを作成しました。

 スピードスプレーヤーを使用した防除においてより良い使用をするためには、一度痛い目を見ないとなかなか改善しない作業です。

 管理人は過去に黒星病で手酷い失敗をしたことがあります。

 その黒星病からの改善の過程において、スピードスプレーヤーの使用方法の改善は防除効果の向上に非常に大きな意味がありました。


スピードスプレーヤーによる薬剤散布は、走行した上方への付着が少なく、隣合う列の葉の表面への付着が多くなることに注意が必要です。


 スピードスプレーヤーを使用した防除では、作業の実感と異なり走行経路直上への薬剤付着が少なくなります。

 これを知らずに防除作業を行っていると、気付かづに薬剤散布斑を発生させているため十分な薬剤効果を得ることが出来ていません。


草木灰の効果は石灰の代わりのアルカリ剤の他、カリウム肥料、殺菌剤やヨトウムシ等の予防・殺虫剤として使用できます。


  一重に草木灰は、燃やす元によっても成分が大きく変わります。

 剪定等の枝(木)を燃やした灰は、

 草木灰の中でも酸化カルシウム成分比率が大きい強いアルカリ剤となります。

 藁やもみ殻等(草)をを燃やした灰は、

 草木灰の中でも酸化カルシウム成分比率が小さいアルカリ剤となります。

 このアルカリ分により、殺菌剤や殺虫剤としての効果を得ることが出来ます。